リスティング広告の最適化案(スコア)を活用しよう!広告表示オプションは必須

  • 更新日:2024/2/9
リスティング広告の最適化案(スコア)を活用しよう!広告表示オプションは必須

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。
リスティング広告の代理店20選!【正しい選定方法も紹介】
  • 更新日:2024.02.09

リスティング広告の代理店20選!【正しい選定方法も紹介】

「最適化案って何?」
「最適化スコアってどうやって決まってるの?」
「最適化案は全部適用したほうがいいの?」

この記事を読んでいる方は上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

今回は、 リスティング広告における最適化案や最適化スコアについて解説していきたいと思います。

INDEX

リスティング広告の最適化案・最適化スコアとは?

リスティング広告では、最適化案と最適化スコアというものがあります。

最適化スコアとはAIが現状のアカウントを採点し、点数付けしたもののことを指します。

最適化案とは、現状運用しているアカウントの状況で最適化出来ているところをAIが自動で発見し、提案してくれる機能です。

つまり、提案された最適化案を実装することで、効率的な運用を行えるようになるというものです。

ただし、機械も完璧ではないため、人間の判断が必要な部分もあります。

ちなみに、最適化案を実施することで、最適化スコアを上げることが出来ます。

正確な定義については下記のように公式ページに示されています。

最適化スコアとは、より良い掲載結果を得るためアカウントの設定がどの程度最適化されているかを示す推定値です。最適化スコアは 0% から 100% までで表され、100% のときアカウントは最も最適化されています。

Google広告ヘルプページ

関連記事:リスティング広告の最適化案(スコア)を活用しよう!広告表示オプションは必須

リスティング広告を最適化していく必要性について

キーワードや入札価格の見直し、情報の追加などリスティング広告の最適化を行っていくことは、Web広告を活用していく上で必要不可欠です。

リスティング広告はただ出稿するだけでは、ターゲットとするユーザーにクリックしてもらうことはできず、コンバージョンにも繋がりにくくなります。

ターゲティングが最適化されていない場合、ターゲット層に広告が掲載されず、クリックに繋がりません。

また、キーワードが最適化されていなければ、ターゲット層ではないユーザーに広告が掲載され、無駄な広告費が発生する恐れがあります。

ターゲット層にクリックしてもらい、コンバージョンを獲得するために、広告の最適化を行っていくことが重要です。

関連記事:リスティング広告の運用方法|初心者でも効果を上げる最適化方法を解説!

リスティング広告の最適化スコアはどのように決まっている?

では、リスティング広告の最適化スコアはどのように決まっているのでしょうか?

Google広告のヘルプページには下記のように記載があります。

最適化スコアは、統計情報、設定、アカウントとキャンペーンのステータス、利用可能な最適化案の効果、最近の最適化履歴に基づいてリアルタイムで計算されます。最適化スコアと利用可能な最適化案は、設定から広告エコシステムの傾向まで、さまざまな要素に基づいて変更されます。変更が発生した場合、別のスコアと新しい最適化案のセットが表示されることがあります。

Google広告ヘルプページ

よりまとめると、

  • 統計情報
  • 設定
  • アカウントとキャンペーンのステータス
  • 利用可能な最適化案の効果
  • 最近の最適化履歴

といったような指標で判断されています。

少しふわふわとした抽象的な指標ではありますので、 目安程度の指標と考えるのがいいと思います。

リスティング広告の最適化案の例

リスティング広告の最適化では、以下のような指標で提案されます。

引用元:Google広告ヘルプページ

広告と広告表示オプション

「広告と広告表示オプション」の最適化案は、広告のCTR向上に繋がるような内容が多い傾向にあります。

新しい広告の作成や、広告の情報をより詳しくするために情報の追加、視覚的に目立つ広告作りなどの広告の改善を行うことで、最適化スコアの向上が期待できます。

  • 広告の候補を追加する: 広告の新しいパターンを試し、最も効果的なものを表示します。
  • 広告に電話番号表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • 広告にコールアウトを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • サイトリンクに説明を追加する: サイトリンクの説明を使用して広告が目立つようにします。
  • 広告に価格表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • レスポンシブ ディスプレイ広告を追加する: スペースに合わせて自動調整されるレスポンシブ ディスプレイ広告を導入します。現在と同程度のコンバージョン単価で、より多くのコンバージョンを期待できます。
  • レスポンシブ検索広告を追加する: レスポンシブ検索広告を作成し、より関連性の高い広告をユーザーに表示します。
  • 広告にサイトリンク表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • 広告に構造化スニペット表示オプションを追加する: 広告をより目立たせて、クリック率の向上を図ります。
  • 動画広告を追加する: アプリの広告を YouTube、Google Play、パートナーのアプリやモバイルサイトで表示して、さらに多くのユーザーにリーチしましょう。
  • より関連性の高い広告を新たに作成する: 設定したキーワードを広告文で使用して、広告の関連性を高めます。
  • 新しいパターンの広告を作成する: 広告の新しいパターンを試し、最も効果的なものを表示します。
  • レスポンシブ検索広告を改善する: テキスト広告の広告見出しと説明文を追加して、レスポンシブ検索広告が適切に表示されるようにします。
  • よく使用されるフレーズを使った新しい広告文をテストする: テキスト広告でよく使用されているフレーズを使った新しい広告文をテストして、広告の掲載結果を改善します。
  • 広告のローテーションを最適化する: オークション時に最適な広告を自動的に表示します。

自動化されたキャンペーン

「自動化されたキャンペーン」の最適化案は、キャンペーン管理を簡単にする内容がおすすめされます。

広告キャンペーンを自動化し、作成の際に広告主が行う作業を減らすことが可能です。

  • ローカル キャンペーンを作成する: ローカル キャンペーンでビジネス拠点への来店を増やします。
  • スマート ディスプレイ キャンペーンを作成する: スマート ディスプレイ キャンペーンを使用すると、設定したコンバージョン単価で得られたコンバージョンのみに費用が発生します。
  • スマート ショッピング キャンペーンに切り替える: スマート ショッピング キャンペーンを使って、現在と同程度の費用でコンバージョン値を増やします。

入札単価と予算

  • 目標コンバージョン単価を調整する: 目標コンバージョン単価を調整してコンバージョンを増やします。
  • 拡張 CPC を使って、広告費用対効果を高める: コンバージョンにつながる可能性の高い検索について、オークション時に入札単価を自動的に最適化します。
  • 「クリック数の最大化」を使って広告費用対効果を高める: 完全に自動化された入札戦略を使って、現在と同程度の費用で獲得できるクリック数を増やします。
  • 「コンバージョン数の最大化」を使って広告費用対効果を高める: 完全に自動化された入札戦略を使って、現在と同程度の費用で獲得できるコンバージョン数を増やします。
  • 「目標コンバージョン単価」を使って広告費用対効果を高める: 完全に自動化された入札戦略を使って、現在と同程度かそれ以下の費用で獲得できるコンバージョンを増やします。
  • 「目標インプレッション シェア」を使って広告費用対効果を高める: 完全に自動化された入札戦略を使って、広告の可視性重視の最適化を行います。
  • 「目標広告費用対効果」を使って広告費用対効果を高める: 完全に自動化された入札戦略を使って、同水準の広告費用対効果を保ったままコンバージョン値を増やします。
  • 入札単価を引き下げる: 入札単価を引き下げて、現在と同じ、または現在より少ない費用で、より多くのクリックを獲得します。
  • 未使用の予算を振り替える: 繁忙期に広告掲載が停止しないよう、特に多くの予算を必要とする広告に未使用の予算を振り替えて、より多くのトラフィックを獲得します。
  • 予算を引き上げる: 予算による制限を解消し、繁忙期に広告掲載が途切れないようにします。
  • 今後のトラフィック増加に備えて予算を引き上げる: トラフィックの増加が見込まれる場合、繁忙期に広告の掲載が停止される可能性があります。今すぐ予算を引き上げて、ユーザーを逃さずに広告を表示できるようにしましょう。
  • コンバージョン トラッキングを設定する: どのクリックがコンバージョンにつながるかを見定めて、自動入札などの機能を使用します。
  • アプリ内コンバージョン トラッキングを設定する: アプリでの価値あるユーザー行動につながったクリックを確認できます。
  • データドリブン アトリビューションでコンバージョン トラッキングをアップグレードする: データドリブン アトリビューションを使用して、コンバージョンへの貢献度を複数の広告インタラクションに割り当てます。

キーワードとターゲット設定

「キーワードとターゲット設定」の最適化案は、自社の商品やサービスに関心を持つ可能性があるユーザーへのアプローチとしてキーワードの追加やオーディエンスの追加などをおすすめされます。

効果が低いキーワードは削除をおすすめされることもあります。

  • オーディエンスを追加する: 追加費用をかけずに、より実用的なレポートデータを収集します。
  • 除外キーワードを追加する: ビジネスとの関連性がない検索に対して広告が表示されないようにして、無駄な費用を抑えます。
  • 新しいキーワードを追加する: お客様の商品やサービスを検索しているユーザーに、より多くの広告を表示します。
  • キーワードのフレーズ一致または部分一致のパターンを追加する: ビジネスとの関連性が高いより多くの検索に対して広告を表示します。
  • 動的検索広告を作成する: お客様のビジネスに関連する検索のうち、キーワード ベースのキャンペーンで取りこぼしている可能性がある検索に対して、広告を表示します。
  • Google 検索パートナーを使ってリーチを拡大する: YouTube とパートナー サイトで、クリック単価を抑えてより多くのユーザーに広告を表示します。
  • 成果の低いキーワードを一時停止する: 成果の低いキーワードへの投資を抑えて無駄を省きます。
  • 競合する除外キーワードを削除する: 競合する除外キーワードが原因でユーザーに広告が表示されていません。広告が表示されるように、競合する除外キーワードを削除しましょう。
  • 広告配信に使われていないキーワードを削除する: 広告配信に使われていないキーワードを削除して、アカウントを管理しやすくします。
  • 重複するキーワードを削除する: 重複するキーワードを削除して、アカウントを管理しやすくします。
  • オーディエンス ソースを設定する: リマーケティング機能を使ってより効果の高いパーソナライズド広告を表示し、投資収益率の向上を図ります。
  • 顧客リストをアップロードする: リマーケティング機能を使ってより効果の高いパーソナライズド広告を表示し、投資収益率の向上を図ります。
  • ターゲットの拡張を使用する: 現在と同程度のコンバージョン単価で、より多くのユーザーに広告を表示します。
  • Google 動画パートナーを使ってリーチを拡大する: パートナーのサイトとアプリに広告を表示して、さらに多くのユーザーに働きかけます。

問題の修正

「問題の修正」の最適化案は、アカウントで発生している問題を通知し、修正することをおすすめします。

アカウントを健全に保つことや掲載結果の改善の効果が期待できます。

  • 各広告グループに広告を追加する: 広告が掲載されるよう、すべての広告グループに広告を追加してください。
  • フィードにアイテムを追加する: ダイナミック広告を配信できないキャンペーンがあります。フィードにアイテムを追加してください。
  • キャンペーンにフィードを追加する: パーソナライズド広告を掲載できるよう、キャンペーンにフィードを追加してください。
  • 各広告グループにキーワードを追加する: 広告が掲載されるよう、すべての広告グループにキーワードを追加してください。
  • ショッピング キャンペーンに商品を追加する: 商品を追加して、配信されていないキャンペーンを修正します。
  • 認定に関する問題を修正する: 認定に問題があるため、お客様の広告は掲載されていません。広告を掲載するには、認定を申請してください。
  • フィード内の不承認アイテムを修正する: 動的広告を配信する際、フィード内の不承認アイテムのコンテンツは使用できません。コンテンツをさらに表示するには、不承認アイテムを修正してください。
  • 広告のリンク先の問題を解消する: リンク先の問題で広告が不承認となりました。広告を表示するには、広告のリンク先を修正してください。
  • 広告文の問題を解消する: 編集基準と表現に関する問題で広告が不承認となりました。広告を表示するには、広告文を修正してください。
  • アクティビティの減少が見られるオーディエンス ソースを修正する: キャンペーンで使用しているリマーケティング リストへの登録漏れが発生していないか確認し、オーディエンス ソースを修正して、リストに適切にユーザーが追加されるようにしてください。
  • アクティビティの発生していないオーディエンス ソースを修正する: キャンペーンで使用しているリマーケティング リストへの登録漏れが発生していないか確認し、オーディエンス ソースを修正して、リストに適切にユーザーが追加されるようにしてください。
  • 必須パラメータを送信していないオーディエンス ソースを修正する: オーディエンス ソースから必須パラメータが送信されていない場合は、キャンペーンで個々のユーザーのアクティビティに合わせたダイナミック広告を配信することはできません。必須パラメータが適切に送信されていることをご確認ください。
  • フィードに一致しない必須パラメータを送信しているオーディエンス ソースを修正する: 必須パラメータがフィードと一致しない場合は、キャンペーンで個々のユーザーのアクティビティに合わせた動的広告を配信することはできません。フィードに一致する必須パラメータが適切に送信されるよう、オーディエンス ソースの問題を解決してください。
  • オーディエンス ターゲティングを修正する: オーディエンス ターゲティングを修正すると、配信できなくなった広告グループが配信されるようになります。
  • コンバージョン トラッキングの問題を修正する: 自動入札戦略で使用できるウェブサイト コンバージョン アクションがありません。ウェブサイト コンバージョン アクションを追加して、[コンバージョン] 列に含めてください。
  • コンバージョン トラッキング タグの問題を修正する: コンバージョン トラッキング タグの問題を解消して、コンバージョンを逃さず獲得するようにします。
  • コンバージョン率の減少が報告されたコンバージョン アクションを修正する: 獲得できるはずのコンバージョンを逃さないよう、コンバージョン トラッキングの問題を修正してください。
  • モバイルページの動作速度を改善する: モバイルページの動作速度を改善してユーザー エクスペリエンスの向上を図り、コンバージョンを増やしましょう。
  • ショッピング キャンペーンに商品を追加する: 広告を配信できない状態のキャンペーンがあります。キャンペーンに商品を追加して解決しましょう。
  • モバイルサイトを改善する: モバイルサイトを改善して、モバイル デバイスを使用しているユーザーを逃さないようにしましょう。
  • フィードでアイテムの減少を確認する: 最近フィードから削除されたアイテムのコンテンツを使用したダイナミック広告は配信できません。フィードを確認し、不足しているアイテムがあれば追加してください。

リスティング広告の最適化例・最適化スコアはどうやって使う?

膨大な項目を紹介しましたが、実際提案が来るのは多くても4~5個くらいかと思います。

その中で、本当に最適化されそうで、予算などの問題がないものを適用していきましょう。

下記では、人の判断が必要な最適化案の主な例をご紹介します。

予算を引き上げる

「予算を引き上げる」ときは、きちんと判断する必要があります。

何故なら、 クライアント側との契約で予算が決まっている場合、誤って適用してしまうと、予算が超過してしまうからです。

当たり前のことではありますが、注意しましょう。

自動入札機能の利用

上記の項目で紹介した下記の項目を使用して広告費用対効果を高めるというものです。

  • クリック数の最大化
  • コンバージョン数の最大化
  • 目標コンバージョン単価
  • 目標インプレッション シェア
  • 目標広告費用対効果

何故なら、 自動入札機能はきちんと自動入札機能に最適化したアカウント構造を作ったり、最低限必要なコンバージョン数に到達させる必要があったりするからです。

自動入札機能に最適化されたアカウント構造をGoogle広告では、「hagakure」、Yahoo!広告では、「CORE」と呼びます。

自動入札機能は予算が突然上がったり、クリック単価高騰などのリスクもあるため安易に適用しないように注意しましょう。

重複するキーワードの削除

意外ですが、重複キーワードの削除も安易に実行してはいけません。

何故なら、 意図が全く違うキーワードの場合があるからです。

例えば、「ABCジム」と「ジム」という指名キーワードが重複した場合、検索している人の意図は全く違います。

「ABCジム」で検索する人は、ABCジムというジムを探している人であるのに対し、「ジム」で検索した人は、とりあえずジムを探している人です。

そのため、結論としてはどちらも必要なキーワード設定であると言えます。

新しいキーワードを追加する

こちらに関しては判断が難しいものです。

新しいキーワードの提案では、基本的に顕在的なキーワードから少し遠いものが出ることが多いです。

そのため、意外と適用しても思うような効果が出ない場合があります。

提案されたキーワードが明らかにニーズから遠い場合は、適用しないようにしましょう。

関連記事:リスティング広告のキーワード選定方法を徹底解説|運用開始前が9割?!

マッチタイプを変更する

マッチタイプには「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」の3パターンがあります。

マッチタイプの最適化案は、自動入札機能で完全一致またはフレーズ一致でキーワード登録をしているキャンペーンを対象に表示される仕組みです。

キーワードを「部分一致」に変更すれば、検索語句の幅が広がるため、広範囲のユーザーにリーチできる可能性が高くなります。

より多くのユーザーにアプローチできることで、さらなるコンバージョン獲得の効果が期待できるでしょう。

関連記事:リスティング広告のキーワードのマッチタイプを詳しく解説!9割の人が知らない罠とは?

オーディエンスターゲティングを設定する

オーディエンスターゲティングとは、広告配信を行う人に焦点を当てる方法です。

Google広告ではオーディエンスリスト、Yahoo!広告ではターゲットリストと言われています。

新規のオーディエンスを作成することで、成果の向上が期待できるときに最適化案が表示されます。

オーディエンスは、自社が検討していないセグメントが表示される場合もあり、参考になるため、ヒントを得る目的で見てみることもおすすめです。

自社の商材に興味関心を持ちそうなユーザーの情報を得ることで、コンバージョンに繋がるユーザーへの広告配信ができるようになります。

広告クリエイティブを追加・改善する

最新の広告タイプが入稿されていない場合や、最新の広告タイプであっても改善の必要があると判断された場合に表示されるクリエイティブの最適化案です。

広告クリエイティブとは、バナー画像、動画、テキストなどのことを指します。

広告クリエイティブを改善することでクリック率やクリック単価などの成果向上が期待できます。

実際に、非クリエイティブの広告と比較して、改善されたクリエイティブでは約2倍ほど売り上げがアップすることがわかっています。

参照元:クリエイティブな広告 – 定義、アイデア、キャンペーン

表示された最適化案は、そのまま参考にするのではなく、自社の商材のイメージにあった改善を行うことをおすすめします。

アセットを追加する

アセットは、広告見出し、説明文、Webサイトの特定ページのリンク、通話ボタン、住所情報などを指します。

ユーザーに企業についてよく知ってもらい、信頼度をアップさせるために重要な項目です。

コンバージョン獲得のためには、特定のWebページへのリンクを設置しましょう。

商品購入やサービス利用というコンバージョンを達成するためには、コンバージョンに至るスムーズな導線作りが重要です。

タグ・コンバージョンを設定する

広告タグは、タグが実行されると各管理画面に情報が送られるため、反映されたデータを分析できる機能です。

タグには、コンバージョンを達成した際にユーザーの情報を取得して保存したり、コンバージョン達成するまでにユーザーがクリックした広告の測定、一度Webサイトに訪れたユーザーに再びアプローチするなど様々な働きをします。

タグを設置することでデータの分析ができ、自社の商材に興味関心の高いユーザーの情報を得られます。

ターゲットとなるユーザーの情報を得ることで、よりコンバージョン達成しやすい広告作りの参考にできるため、タグの設置を必ず行いましょう。

ショッピングキャンペーン・Google Merchant Centerを設定する

ショッピング広告とは商品画像付きの広告で、ショッピング広告のキャンペーンで表示される最適化案です。

登録した商品が不承認となったり、配信できる商品がない場合に「ショッピング キャンペーンに商品を追加する」「ショッピングキャンペーン内の不承認となった商品を修正する」という最適化案が表示されるため、配信できる商品を追加しましょう。

不承認となる理由の多くは、ポリシー違反や商品画像に企業のロゴやユーザーの行動を促すようなテキスト、透かしなどが入っているなどオーバーレイしている場合です。

Google Merchant Centerを使用すると、より多くのユーザーが自社の商材を見つけやすくなるため、活用がおすすめです。

Google Merchant Centerは、ビジネス情報・自社のWebサイトなど購入出来る場所・自社が使用するプラットフォーム・メール設定をすることで登録できます。

リスティング広告の最適化におすすめのツール5選

リスティング広告を最適化するために、おすすめのツール5選を紹介します。

5位:Web Antenna

出典元:Web Antenna

Web Antennaは、HTML内にタグを設置して、ユーザーの流入元・コンバージョン数などの情報をシンプルな画面で広告の効果を比較できるツールです。

1つの画面で広告効果を簡単に比較・管理できます。

Web Antennaは、広告効果を1つの画面でシンプルに管理したい、サポートを受けたいと考えている企業におすすめです。

概要 ユーザーの流入元計測
アトリビューション分析
カスタマージャーニー分析
コンテンツマーケ分析
中間コンバージョン分析
動画・スマートフォンの効果分析
API連携
費用 【無料トライアル期間】
なし(※体験版デモ画面での体験あり)
【基本料金】
初期費用:無料
月額料金 :2万円(税込)〜
【追加サービス利用時】
初期費用:無料
月額料金:2万円(税込)〜
固定費:月額5万円(税込)〜
※月額料金はクリック数に応じる。
※基本料金 最大50万円
サポート コンサルタントよりKPIのアドバイス
導入サポート
データ分析方法のレクチャー
サポート窓口
個別相談会
最低契約期間 3ヶ月

4位:glu

出典元:glu

gluは、広告や外部のツールデータの取り込み加工ができるレポーティング自動生成ツールです。

マーケティングデータの収集ツールとしての活用も可能です。

gluは、レポート作成を楽に行いたい、API連携を重視している、サポートをしっかりと受けたいと考えている企業におすすめします。

概要 Excelレポート出力
データ自動収集
アラート機能
ダイス機能
API連携 Facebook広告
Instagram広告
Twitter広告
LINE広告
Google AdWords
Yahoo!プロモーション広告
Apple Search Adsなど
費用 【無料トライアル期間】
要問合せ
【料金】
要問合せ(gluに取り込むアカウント数・オプションで変動する)
サポート ツールの使用方法レクチャー
ヒアリング
導入シナリオ提案
運用型広告のノウハウ
ヘルプサイト
広告運用相談
ニュースレター
最低契約期間 6ヶ月(※解約日の3ヶ月前に問い合わせが必要)

3位:Lisket

出典元:Lisket

Lisketは、簡単にレポート作成や予算管理などの広告運用が行えるツールです。

広告運用ツールの費用を抑えたいという企業におすすめします。

概要 広告アカウント登録が簡単
広告配信データの取得
レポート作成(テンプレートあり)
API連携 Google広告
Yahoo!広告
Twitter広告
Facebook広告
Instagram広告
Youtube広告
indeed広告など
費用 【無料トライアル】
14日間
【料金】
月額1万円(税抜)〜
※広告アカウント1つにつき500円かかる
※月額の利用料金は広告アカウントの登録数上限に応じて変わる
※アカウント数が181個を超える場合は問い合わせが必要
サポート サポートサイトあり
最低契約期間 要問合せ

2位:ATOM

出典元:ATOM

ATOMは、Excel関数を必要とせず管理画面上でレポート生成が可能なレポート機能が搭載されているツールです。

ATOMは、レポートをカスタマイズしたい、API連携数を重視しているなど、複数媒体を取り扱っていたり、複数のクライアントに対応している広告代理店におすすめします。

概要 レポートの自動作成
レポートフォーマットのカスタマイズ
レポートのメール自動送信
日時進捗の一覧化
アラート機能
API連携 Google 広告
Yahoo!広告
Facebook広告
Twitter広告
LINE広告
Amazon広告
Indeed広告など
費用 【無料トライアル】
2週間
【料金】
連携させたアカウントの合計運用金額に応じて変動
サポート サポートデスク
専門のサポートスタッフに相談(電話・メール)
FAQ
ATOMの使用方法をオンラインでレクチャー
コミュニティ
最低契約期間 6ヶ月(解約は1ヶ月前までに問い合わせが必要)

1位:Shirofune

出典元:Shirofune

Shirofuneは、7,000以上の企業で使用されており、国内利用実績No.1です。

操作が簡単で、初期設定・予算管理・レポート作成・分析などを自動化できるため、広告運用初心者や仕事の効率化を図りたい企業におすすめします。

概要 分析レポート作成
予算管理
広告効果の可視化
キーワードの提案
広告改善案
広告改善の自動化
API連携 Google広告
Yahoo!広告
Facebook広告
Instagram広告
※セルフプラン、サポートプランいずれも同様
費用 【無料トライアル】
セルフプラン:2ヶ月
サポートプラン:なし
【料金】
セルフプラン:月額広告費×5%(税抜)
サポートプラン:月額広告費×5%(税抜)・サポート料(月額10万円/税抜)
サポート サポートサイト
サポートメール
※サポートプランでは、初期設定サポート・オンライン会議・サポートメンバーの月次レビューあり
最低契約期間 セルフプラン:なし
サポートプラン:3ヶ月

【Google・yahoo】最適化案の確認方法

GoogleとYahoo!のそれぞれのリスティング広告最適化案の確認方法を紹介します。

【Google】リスティング広告最適化案の確認方法

Google広告の最適化案は、広告管理画面上から確認可能です。

  • 管理画面左側のタブの上部「最適化案」を選択
  • 表示された「最適化スコア」と「最適化案」を確認する

【Yahoo!】リスティング広告最適化案の確認方法

Yahoo!広告の最適化案は、広告管理画面から確認可能です。

  1. 画面上部にある「最適化」タブを選択して最適化案の確認をする
  2. 「最適化案の詳細を表示」を選択して予測データ・反映する内容の詳細を確認する

リスティング広告の最適化を活用する際の注意点

リスティング広告の最適化を活用する際に気を付けるべき注意点を紹介します。

最適化案は全て採用すればよいということではない

最適化案として提示されたものを、全て採用すれば効果が上がるわけではないことを知っておきましょう。

最適化案は広告の機能を最大限に活かすためのものであるため、ビジネスにおいて必ずしも最適な案とは言えないからです。

例えば、コンバージョン率が低いことでキーワードの最適化案が表示された場合で考えてみましょう。

最適化案を採用することで、広告の表示回数やクリック数が上がる可能性はありますが、CPAの観点から見るとコストがかかりすぎてしまうことがあるのです。

最適化案の中でも自社にとって適切なもの、不適切なものを正しく判断して採用する必要があります。

最適化案を採用すれば必ずしも成果が上がるということではない

最適化案を採用したからといって、必ずしも成果が上がるわけではありません。

競合他社の動きなどによっても状況が変わるため、最適化案を採用したことでどのような成果があったのか様子を見ながら広告運用を進めましょう。

最適化案から自社にとって効果のある案を採用し、その後広告の効果を分析して、改善していく必要があります。

ターゲットを分析し、広告の改善をし続けることで、成果の出る広告作りができるようになります。

不適切な最適化案は非表示にすべき

自社にとって不適切であると判断した最適化案は非表示にしましょう。

最適化案を非表示にする方法は以下の通りです。

  1. 種類ごとに最適化案を非表示にする方法
  2. 個別の最適化案を非表示にする方法

非表示にしたい最適化案のページを開き、右上のアイコンを選択

種類ごとに最適化案を非表示にする場合は、非表示にしたい最適化案のページを開き、右上のアイコンを選択します。

【すべて非表示にする】を選択

【すべて非表示にする】を選択しましょう。

フィードバックに任意で回答し【すべて非表示にする】を選択

フィードバックに任意で回答し【すべて非表示にする】を選択すれば、非表示設定が完了です。

非表示にしたい最適化案のページの左下にある「〇件の最適化案を表示」を選択

個別に最適化案を非表示にしたいときは、非表示にしたい最適化案のページの左下にある【〇件の最適化案を表示】を選択しましょう。

非表示にしたい最適化案の右上に表示される【×】を選択

非表示にしたい最適化案の右上に表示される【×】を選択すると、非表示になります。

非表示にした最適化案は、一定期間が経過した後に、再び広告の効果の向上に繋がると判断された場合、再表示されることがあるため注意が必要です。

自動適用はアカウント単位のみ・キャンペーン単位は手動がおすすめ

最適化案の自動適用はアカウント単位の設定です。

キャンペーンごとに設定を変えることができないため、 自動適用されたくないキャンペーンがある場合は、自動適用の設定をオフにしておきましょう。

キャンペーンごとに設定する場合は、提案された最適化案を自動適用ではなく、手動で適用していく方法がおすすめです。

自動適用を採用した場合は定期的に履歴を確認

最適化案の自動適用をした場合は、運用方針から外れているものはないか定期的に履歴を確認して、ずれている最適化案があれば改善する必要があります。

自身の知らないところで、最適化案の適用条件の変更アップデートされることもあるため、どの最適化案がいつ適用されたのかを定期的に確認して把握しておく必要があるでしょう。

最適化案の自動適用履歴の確認手順は次の通りです。

管理画面の左側の【最適化案】→画面右上の【自動適用】を選択

管理画面の左側の【最適化案】を選択し、画面右上の【自動適用】を選択します。

【履歴】タブを選択し、最適化案の自動適用履歴を確認

【履歴】タブを選択し、最適化案の自動適用履歴を確認しましょう。

[履歴]タブをクリックして表示された内容が、最適化案の自動適用の適用履歴になります。

キャンペーンの変更履歴は管理画面の左側の【変更履歴】を選択

キャンペーンごとの変更履歴の詳細は、キャンペーンの【変更履歴】から確認可能です。

まとめ

今回は、リスティング広告の最適化案や最適化スコアについて解説させて頂きました。

最適化案や最適化スコアでは、リスティング広告を運用していくにあたってとても便利な機能です。

きちんと活用していきましょう!

ただし、後半で解説したように判断が必要な部分がありますので、そこでは多少のノウハウが必要です。

そのため、運用をしていきたいとけど、不安という方は無料相談をご利用ください。

現状の状況をヒアリングさせて頂き、最適な集客プランをご提案させて頂きます。

アドトラの無料相談はこちら!

参考記事①:【初心者向け】リスティング広告とは?メリット・デメリットも詳しく解説!

参考記事②:ファインドキャンペーン(広告)とは?GmailやYouTubeに出稿?気になる内容動画で解説

参考記事③:リスティング広告の運用方法|初心者でも効果を上げる最適化方法を解説!

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。

TOPへ戻る