Facebook広告がアカウント停止になるのはなぜ?停止や制限の解除方法を解説

  • 更新日:2024/2/12
Facebook広告がアカウント停止になるのはなぜ?停止や制限の解除方法を解説

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。

「Facebook広告のアカウントが停止されてしまった」

「Facebook広告でアカウントが停止されない様にするにはどうしたらいい?」

「Facebook広告のアカウントを復活させる方法が知りたい」

この記事を読んでいるということは、上記のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

Facebook広告には、広告ポリシーが細かく定められており、それに引っかかると広告停止や最悪のケースだとアカウントが停止になり広告の出稿が出来なくなってしまいます。

ポリシー違反以外にもFacebook広告アカウントが停止になるケースはいくつかあるので、この記事では、アカウントが停止になる原因と対策、アカウントが復活できた場合、再度アカウント停止にならないための対処法を記載しています。

是非、参考にして下さい。

アドトラでは、Facebook広告チェックシートを無料で配布しております。

下記のリンクからご確認ください!

Facebook広告チェックシート無料配布中

関連記事:Facebook広告とは?【特徴から運用法までこの記事だけで理解できます】

INDEX

Facebook広告アカウント停止について動画で解説!

引用元:https://youtu.be/fUDaubKFrY0

Facebook広告のアカウントが停止してしまう理由や対処法について、動画で分かりやすく解説していますので、是非参考にしてみてください。

文字を読むのが面倒だという方におススメです!

Facebook広告のアカウントが停止してしまう原因

Facebook広告のアカウントが停止してしまう原因

Facebookの広告アカウントが停止されてしまう原因は下記の通りです。

  • Facebook広告ポリシーに違反してしまった
  • アカウントにセキュリティ上の問題があった
  • 60日以上Facebook広告を出稿していない、ログインをしていない
  • Facebook側の手違い
  • ユーザーによるネガティブ報告未承認の広告が多い
  • 過剰な広告費をかけている
  • 支払いが遅延している
  • ランディングページが広告と関連していない

    それぞれの項目を詳しく解説していきます。

    関連記事:Facebook広告が配信されない!?ケース別に対処法を紹介

    Facebook広告ポリシーに違反してしまった

    Facebook広告アカウント停止で一番多いのが、Facebookの広告ポリシーに違反してまった場合です。

    Facebook広告のポリシーは非常に細かくルールが決められており、意図せず違反になってしまう可能性もあります。

    自社の広告がポリシーに違反していないか確認してみましょう。

    また、ポリシーは追加や変更される場合もあるため、アップデートされた最新情報を漏らさず確認する必要があります。

    参考:Facebook広告ポリシー

    アカウントにセキュリティ上の問題があった

    Facebook広告では、セキュリティ上の関係で一時的にアカウントが停止される事があります。

    いつもと違う遠い場所からログインした際などになるケースです。

    この場合、アカウント停止になった理由が「不審なアクティビティ」といった形でお知らせが届きます。

    問題を解決するために、Facebookの異議申し立てをして、本人確認をすればアカウントは復活します。

    60日以上Facebook広告を出稿していない、ログインをしていない

    Facebookでは、60日以上広告を出稿していなかったり、長い期間ログインしていないと、アカウント停止を受けやすくなると言われています。

    Facebook広告を出稿する予定があるのであれば定期的にログインをして、アカウント停止にならないように対策をしましょう。

    Facebook側の手違い

    Facebookの手違いでアカウント停止になる場合もあります。

    費用対効果が高いFacebook広告には、多くの企業や個人が参戦しているため、Facebookが処理を間違えるケースは良くあります。

    そのため、アカウント停止になってもあなた自身に問題があるとは限らない可能性もあります。

    ユーザーによるネガティブ報告

    Facebookユーザーによる広告に対しての報告でもアカウント停止をする可能性があります。

    Facebookの広告の目的は、利用者が広告に対して肯定的な感情を持つことを目指しているため、ユーザーからネガティブな報告が多いとアカウントが停止になる恐れがあります。

    ネガティブな報告が挙げられる例は以下の通りです。

    • 広告が頻繁に掲載される
    • 掲載時間が長い

    また、無料のフリー画像などで広告を出稿する場合は注意が必要です。

    フリー画像の場合不特定多数の人が同じ画像を利用しているので、仮に別の広告主がその画像でネガティブな報告を受けていた場合、同じ画像を使用している人も紐づけられる可能性もあるので、広告画像に関しては、デザインなどを加えるか、オリジナルの物を使用する事をおすすめします。

    未承認の広告が多い

    Facebook広告マネージャーでキャンペーンや広告セットにある広告の「配信」項目が未承認になっている広告が多い場合は、注意が必要です。

    活用しない広告だとしても、アカウント内に未承認がある場合は、アカウントが停止される確率が高くなるので未承認の広告を減らすように注意しましょう。

    過剰な広告費をかけている

    Facebookは、相手が望んでいないコンテンツを一方的に送るようなユーザーへのスパム配信は違反行為としています。

    広告に対して過剰な費用をかけている場合や、特に新しい広告アカウントの場合、一度に多額の広告費をかけられない仕組みです。

    過剰な広告費をかけないためには、広告の目標を達成するまで広告費の1日の予算を 5%~15%未満で少しずつ増やすようにすることをおすすめします。

    支払いが遅延している

    広告費の支払いが期限に間に合わず遅延している場合、Facebook側から広告アカウントに対する信頼性が低下してしまいます。

    支払いを意図的に遅延させようとしていなくても、支払いが完了しない場合があるため十分に注意が必要です。

    例えば、クレジットカード払いに設定していた場合、新しいカードに切り替えを行った際に登録をしなおすことを忘れていたことで、有効期限が切れてしまっていたなどが考えられます。

    クレジットカードの有効期限については気を付けて確認をしておきましょう。

    ランディングページが広告と関連していない

    Facebook広告を経由して開くランディングページは、広告と関連していなくてはなりません。

    例えば、Facebook広告ではサプリメントの情報を流しているにも関わらず、広告を経由したランディングページが広告には出てこなかったコスメ商品となっていたら関連性がないと言えます。

    Facebook運営側に、広告の内容とランディングページとの関連性が不明確であると判断された場合、広告アカウントが停止される可能性があるので注意が必要です。

    ランディングページには、会社名や連絡先などの企業情報、ロゴ、リソースや免責事項などのビジネス情報を含める必要があることも知っておきましょう。

    Facebook広告でアカウント停止なった場合の対処・解除方法

    Facebook広告でアカウント停止なった場合の対処・解除方法

    「不審なアクティビティ」が理由でアカウントが停止になった場合

    「不審なアクティビティ」が理由でアカウントが停止になった場合は、すぐアカウントは復活します。

    この場合は、Facebook広告の広告アカウント停止に関する審査リクエストのページからFacebookに異議申し立てをして、本人確認をすれば、アカウントは復活しますので、安心して下さい。

    異議申し立ての手順は「Facebookに異議申し立てを行う手順を画像付きで紹介」で解説しています。

    広告ポリシーに違反しアカウント停止になった場合

    Facebook広告ポリシーに違反しアカウントが停止になってしまった場合は、Facebook広告の支払いと広告マネージャー停止に関するお問い合わせのページからFacebookに異議申し立てをしましょう。

    この方法であれば、ごくまれですが、アカウントが復活する可能性があります。

    異議申し立てする文面は誠実ものにして下さい。

    いかにもクレームという感じではなく低姿勢で伝える事が重要です。

    Facebookに異議申し立てを行う手順を紹介

    Facebookに異議申し立てを行う手順を画像付きで紹介

    Facebook広告のポリシーに違反していない場合は、異議申し立てを行うことができます。

  • Facebook広告マネージャーのアラートを確認し、画面右下の【詳細】を選択
  • 広告アカウントポリシーページが表示されるので、広告アカウントのステータスを確認
  • レビューのリクエストを選択(本人確認が必要な場合も)
  • 本人確認が必要と表示されたら、情報を入力
  • アカウントが誤って停止されていると考えられる場合は、フォームに情報を記入してFacebook運営側に送信

    関連記事:Facebook 広告審査は時間が掛かる!?審査に落ちないための対策とは?

    【番外編】審査を待っても広告アカウントが再開されない場合は、Facebook Busniess ヘルプセンターへの連絡

    1. 審査を待っても広告アカウントが再開されない、Facebook運営側から返信がない場合は、Metaビジネスセンターに問い合わせを行いましょう。
    2. 【回答を検索するか、サポートに連絡してください】を選択する。
    3. ライブチャットを【開始する】を選択する。
    4. 制限されているビジネスマネージャーを選択する。
    5. 【広告アカウントが無効になりました】を選択し、問題を選ぶ。
    6. 【チャットの開始】を選択する。
    7. Facebook担当者とのライブチャットが開始される。

    Facebook担当者とのライブチャットは、親切で丁寧な対応が必要です。

    自らに過失がある場合はきちんと認めて謝罪し、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

    Facebook広告のアカウント停止したらもう広告は出せない?

    Facebook広告のアカウント停止したらもう広告は出せない?

    Facebook広告では、ビジネスマネージャ内に1個でも停止アカウントがあると、枠の追加も広告アカウントの追加も不可になります。

    そのため一度でもアカウント停止になってしまうと広告の出稿が難しくなります。

    改善策としては、何度もFacebookに異議申し立てをするか、Facebookのビジネスアカウントを再度作成し、広告を出稿する方法がありますので紹介します。

    アカウント停止後Facebookページから広告を出稿する方法

    アカウント停止後Facebookページから広告を出稿する方法

    出典元:ビジネスマネージャー/Facebook

    Facebookのビジネスマネージャーから再度ビジネスアカウントを取得すれば、アカウント停止になってもFacebookの広告の配信が可能です。

    また、ビジネスアカウントは3つまでしか作成できないので注意が必要です。

    アカウント作成方法に関しては、下記記事に手順を記載していますので参考にして下さい。

    関連記事:Facebook広告の出し方を6ステップで解説

    アカウント停止後にFacebook広告を再度出稿する際の注意点

    アカウント停止後にFacebook広告を再度出稿する際の注意点

    Facebook広告で一度アカウントが停止になった後に再度広告の出稿を行う場合は、下記の内容に注意しない限り、またすぐにアカウントが停止になってしまいますので参考にして下さい。

    URLを変える

    一度アカウント停止になった場合、そこに紐づいているURLは全てマークされています。

    同じURLを使って出稿すると再度アカウント停止されてしまいますので、再度出稿する場合は、URLを変えて出稿しましょう。

    変更する際は、末尾だけ変えればOKでドメインの変更はしなくてもOKです。

    クリエイティブはファイル名を変える

    再度出稿する際は、クリエイティブのファイル名を変えましょう。

    例:AAA.jpg → BBB.jpg

    URL同様一度アカウント停止をされるとクリエイティブのファイル名がマークされています。

    同じファイル名で出稿するとすぐにアカウントが再度停止されます。

    また、アカウント停止になる多くの原因がクリエイティブの内容による事が多いので、クリエイティブの内容の精査も必要です。

    決済方法を変える

    再度出稿する方法は、決済方法を変更しましょう。

    アカウント停止されると決算方法もマークされているので同じ決算方法は使えません。

    例えばクレジットで決算していた場合は、そのクレジットカードは使えません。

    クレジットカードが一枚しかない場合は、PayPal決済にしてPayPal内の決済ではそのクレジットカードで登録すれば決済は可能なので試してみましょう。

    Facebook広告の支払い方法については、下記記事にも記載がありますので、参考にして下さい。

    関連記事:Facebook広告の支払い方法と設定方法【クレジットカードが拒否された時の対処法も紹介】

    ポリシーに違反している要素はないか要確認をする

    ポリシー違反によってアカウント停止されている場合は、特にポリシーに違反している内容はないかをしっかりと確認する必要があります。

    広告配信に関わる全ての情報を見直しましょう。

    広告文やクリエイティブ、リンク先のランディングページなどをチェックして、ポリシー違反している内容があれば訂正してから出稿します。

    違反箇所に気づかずに広告配信を再開した場合、再びすぐに停止されてしまうので注意が必要です。

    ポリシー違反については、チェック項目が多く、知識や経験が不足していると見落としてしまう可能性が高いでしょう。

    自社で対応が難しい場合は、広告代理店に相談してみることをおすすめします。

    ピクセルが停止された場合はピクセルを変更する

    「合算イベント設定」は、iOSアップデートの対応として実装されており、イベントの計測をするピクセルを指定します。

    広告アカウントからピクセルの生成を行っている場合は、アカウントが停止した際にピクセルも停止されています。

    ピクセルが停止されている場合は、新しく広告アカウントを作成する際に合算イベント設定を実施する作業が必要です。

    ビジネスマネージャーからピクセル生成をしている場合は、ピクセルが停止していないケースもあるため、確認しておきましょう。

    ソーシャル戦略として他のSNS広告と併用する

    ソーシャル戦略として他のSNS広告と併用する

    Facebook広告とInstagram広告は同じ提供元となっています。

    そのため、Facebook広告とInstagram広告を併用して広告運用していくことがおすすめです。

    併用する際のポイントは、FacebookとInstagramでメインターゲットとなるユーザーが異なる点です。

    Facebookのメインユーザーは、40~50代の男性であり、Instagramのメインユーザーは20~30代の女性となっています。

    メインユーザーの違いから、ターゲットに合わせた広告運用が必要となります。

    例えば、Facebookのメインユーザーは、40~50代の男性となっており、ビジネス目的での利用者が多い傾向にあることから、Facebook広告ではビジネスに関する投稿が適していると言えます。

    一方、Instagramのメインユーザーは、20~30代の女性であり、プライベートな投稿をする利用者が多い傾向であるため、コスメやファッション、健康や美容などターゲットが敏感になっている情報を発信すると良いでしょう。

    ターゲットに合わせて、Facebook広告とInstagram広告を併用すると効果的です。

    Facebook広告に関するよくある質問

    Facebook広告に関するよくある質問

    Facebook広告に関するよくある質問をまとめました。

    Facebook広告を運用しながらお困りの際は、こちらを参考にしてみてください。

    インスタ広告の広告アカウントが停止されました。どうしたらいいですか?

    Instagram広告のアカウントが停止された場合は、ポリシーに違反している可能性があります。

    対処方法は、Instagram運営側に問い合わせる、またはアカウントを作り直す という2つです。

    違反内容として考えられることは以下の点です。

    • 広告とリンク先(ランディングページ)の内容が一致していない
    • 広告のリンク先(ランディングページ)が機能していない
    • 誇大広告となっている
    • 誤解を招くような表現をしている(値段など)
    • リスク面を提示していない
    • 性的・暴力的な文言や画像を使用している
    • 違反行為を繰り返し行っている

    広告アカウントが停止した場合は、ポリシーに違反していないかを確認しましょう。

    広告アカウントを停止したら支払いはどうなりますか?

    広告アカウントを停止した際に、アカウントに未払い残高がある場合は、クレジットカードに課金される仕組みです。

    未払い残高の支払いが全て完了したら、アカウントに登録していたクレジットカード情報は自動的に削除されます。

    処理が完了するまでには、最長で2営業日程かかることを知っておきましょう。

    Facebook広告アカウントを停止・削除するには?

    Facebook広告アカウントを停止・削除したい場合は、広告マネージャの設定から行えます。

    Facebook広告アカウントを停止・削除する方法は以下の手順です。

    1. 広告マネージャの【設定】を開く。
    2. 【広告アカウントを閉鎖】を選択する。
    3. アカウントの閉鎖についての確認、任意でアカウントを閉鎖する理由の入力を行う。
    4. 【広告アカウントを閉鎖】を選択する。

    上記の手順で広告アカウントを閉鎖できます。

    フェイスブック広告を停止したいのですが?

    Facebook広告の配信を停止したい場合は、以下の手順で行えます。

    1. Facebookページを開く。
    2. 【広告センター】を選び、【すべての広告】を選択する。
    3. 【広告を停止】を選択する。
    4. ポップアップウインドウの【確認】を選択する。

    上記の手順でFacebook広告を停止できます。

    アカウントが一時停止するとどうなる?

    Facebook広告のアカウントが一時停止すると以下のようなことが起こります。

    • 広告配信されない
    • 他のユーザーからFacebookプロフィールの閲覧・アクセスができなくなる
    • 投稿・写真・動画などが削除されることはない
    • Facebook Messengerは利用可能

    Facebook広告のアカウントを意図的に一時停止していない場合は、広告の効果に大きな損失を与えます。

    Facebook広告を放置して確認していなかったことで「アカウントが停止されていることに気が付かなかった」ということにならないように注意しましょう。

    まとめ

    Facebook広告のアカウント停止について紹介させて頂きました。

    Facebook広告でアカウント停止にならない場合は、広告ポリシーをしっかり守り広告を配信することが重要です。

    一度、アカウント停止になってしまうとその後、復活できたとしても、アカウント停止にいつなるか怯えながらFacebook広告を運用しなくてはいけなくなります。

    安全に長い期間Facebook広告を運用したい場合は、是非、弊社にお任せ下さい。

    無料にてFacebook広告運用の相談に乗らせて頂いていますので、お気軽にご相談下さい。

    アドトラへの無料相談はこちら!

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。

TOPへ戻る