【パーソナルジム】ホームページデザイン11選!集客に必要なコンテンツも紹介

  • 更新日:2024/2/12
【パーソナルジム】ホームページデザイン11選!集客に必要なコンテンツも紹介

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。

パーソナルジムのホームページデザインにすれば良いか分からない

パーソナルジムの集客に課題がある

成功しているパーソナルジムのホームページを参考にしたい

この記事に辿り着いたということは、上記のようなお悩みを抱えているのではないでしょうか。

パーソナルジムのホームページは、集客に欠かせないツールです。

しかし、コーポレートサイトとは違い「トレーナーの紹介」「プログラムの詳細」など、独自のコンテンツが必要になります。

そこで、本記事では、パーソナルジムの集客に必要なコンテンツや参考になるホームページデザイン11選を紹介しています。

パーソナルジムのホームページの集客に必要なコンテンツ

パーソナルジムのホームページの集客に必要なコンテンツ

パーソナルジムのホームページの集客に必要なコンテンツを紹介します。

下記コンテンツの導入を検討しながら、ホーページデザインを設計していきましょう。

コールトゥアクション(CTA)

コールトゥアクション(CTA)

出典元:Welvitz(ウェルヴィッツ)

ホームページの集客効果を高めるためには、訪問者に対して具体的なアクションを促すコールトゥアクション(CTA)の配置が必要です。

CTAの目的は、訪問者がホームページ内で迷うことなく、次に進むべき行動を直感的に理解できるようにすることです。

例えば、パーソナルジムでは「無料体験を予約する」や「パーソナルトレーニングを始める」といった行動を促すボタンを、ユーザーの目につきやすい場所に設置することが推奨されます。

これらのCTAは、訪問者の関心を引き、具体的な行動へと導く役割を担います。

ビフォーアフターの写真

ビフォーアフターの写真

出典元:OUT LINE

パーソナルジムのホームページにおいて、ビフォーアフターの写真は効果的なコンテンツです。

まず、トレーニング前と後の顧客の写真を比較表示することで、ジムのサービスによる変化を直感的に確認できます。

ある顧客が3ヶ月間のトレーニングでこれだけ変わった」という実績を視覚的に示すことができるため、パーソナルジムのの実力を証明するデータとなります。

次に、自分と似た体型の人が目標体型に近づいている姿は「自分もできるかも」と前向きに想像させます。

共感を通じて自然に興味や関心を抱かせる効果が期待できるでしょう。

また、データの信頼性も大切です。

光の加減や角度の違いではなく、正面からの等身大の写真を使うことで、確かな実績としての説得力が増します。

適切なビフォーアフター写真は、ジムの品質と結果を証明する強力な集客コンテンツとなります。

トレーナーの紹介

出典元:ゴーズジム

パーソナルジムのホームページにおいて、在籍トレーナーの紹介も重要なコンテンツです。

まず、トレーナーの顔写真と名前、プロフィールを掲載すれば、訪問者は実際に指導を受けるトレーナーの人柄を知ることができます。

次に、トレーナーの経歴や取得資格、専門分野などを明記します。

これにより、トレーナーの専門性と実績を証明できるでしょう。

加えて、トレーナーの指導方針や強みなど、個性をアピールする内容を盛り込めば、訪問者は性格や目標に合ったトレーナーを選びやすくなります。

プログラムの詳細

BLOOM

出典元:BLOOM

パーソナルジムのホームページでは、トレーニングプログラムの提示も必要です。

まず、各プログラムの料金形態と期間を明記します。

定額制か従量制か、3か月間か6か月間かなど、基本情報を明らかにしましょう。

次に、各プログラムが目指すトレーニング目的を具体的に述べます。

例えば、減量目的、筋力強化目的、スタミナアップ目的など、メリットをイメージしやすい言葉を用いるのが良いでしょう。

加えて、プログラムに含まれる特典を列挙します。

初回特別料金や表彰制度、継続割引などの優遇情報を示すことで、魅力を伝えられるでしょう。

参考になるパーソナルジムのホームページデザイン11選

参考になるパーソナルジムのホームページデザイン11選

参考になるパーソナルジムのホームページデザインを紹介します。

下記内容を参考に、パーソナルジムのホームページの制作を検討しましょう。

LiMEパーソナルジム

LiMEパーソナルジム

出典元:LiMEパーソナルジム

LiMEパーソナルジムは、東京都内を中心に自重トレーニングを提供するパーソナルジムです。

ホームページデザインは、シンプルで直感的なナビゲーションを採用しています。

また、ファーストビューでは大きなビジュアルと共に、ジムの特徴を端的にアピールしています。

各トレーニングプログラムのページでは、専門性の高いトレーナーや栄養指導といった強みを具体的に提示している点も特徴です。

OAK GYM 24

OAK GYM 24

出典元:OAK GYM 24

OAK GYM 24は、24時間365日いつでも自由に利用できるパーソナルジムです。

ホームページのデザインはシンプルさを徹底しています。

コンテンツは「Information」「Concept」「Branch」の3つに分類され、訪問者が必要な情報を直感的に探せるように設計されています。

情報量は必要最小限に抑えられ「忙しい生活のなかでも快適なライフスタイルを」といったメインのメッセージに集中できる構成になっている点も特徴です。

training BOXX

training BOXX

出典元:training BOXX

training BOXXは、医学的根拠に基づいた500種類以上のトレーニングを提供するパーソナルジムです。

ホームページデザイの配色は、穏やかさを感じさせるソフトな中間色を使用し、居心地の良いものとなっています。

ホームページのレイアウトもわかりやすく「ジムについて」「トレーニングプログラム」「トレーナー」などのセクションから簡単にナビゲートできるようになっています。

Japan Physical Education & Culture

Japan Physical Education & Culture

出典元:Japan Physical Education & Culture

JPECは大阪堀江のパーソナルトレーニングジムです。

大胆な色使いとダイナミックなイメージで、やる気を起こさせるデザインが特徴です。

また「無料体験のお申し込み」のような明確な行動喚起を盛り込みながらも「JPECが選ばれる理由」「JPECトレーニングの3つの特徴」など、セールスポイントを強調しているのもポイントとなります。

b-monster

b-monster

出典元:b-monster

b-monsterは「暗闇ボクシング」「バンジーヨガ」などユニークなトレーニングを提供するパーソナルジムです。

暗めの背景とネオンカラーのコントラストで、ボクシング・フィットネスの激しい雰囲気を表現しています。

また各トレーニングのイメージが湧きやすいように「動画コンテンツ」を採用しているのもポイントです。

Remake

Remake

出典元:Remake

Remakeは、西宮・苦楽園・芦屋エリアのパーソナルジムです。

白を基調としたシンプルなデザインで、余白を上手に利用しています。

余白によってホームページが見やすくなっており、訪問者が情報を簡単に把握できるようにしています。

BEYOND

BEYOND

出典元:BEYOND

BEYONDは、全国に100店舗以上を展開する大手パーソナルジムです。

ホームページは、訪問者に即座にジムの魅力を伝えるデザインとなっています。

ファーストビューに実際のレッスン写真と日本ビジネスリサーチの調査結果を掲載し、ジムの信頼性と実績を強調。

このビジュアルと整理されたレイアウトが、パーソナルジムの個性を際立たせ、訪問者の関心を引き付けています。

chacharito

chacharito

出典元:chacharito

BEYONDジムは、専属トレーナーによるマンツーマントレーニングを提供するパーソナルジムです。

デザインは白とグレーのシンプルな配色で、高級感あふれるエレガントな印象を与えます。

トレーニングは完全プライベート空間で行われるため、利用者に安心感と専門性を感じさせるデザインとなっています。

HELDOX

HELDOX

出典元:HELDOX

HELDOXは、福岡県にある完全個室のパーソナルジムです。

ファーストビューに動画を採用しており、訪問者にインパクトを与えています。

また、各コンテンツアニメーションを採用することで、全体的に動きのあるホームページデザインとなっています。

INTO9

INTO9

出典元:INTO9

INTO9は東京都港区に位置する完全予約制のプライベートパーソナルジムです。

シンプルかつスタイリッシュなデザインは、オシャレを意識する女性に好感を持たれるよう工夫されています。

また、ジムの強みを伝えるために施設や設備の写真を豊富に使用しており、訪問者に対して視覚的にも魅力的な印象を与えます。

OWL FIT

OWL FIT

出典元:OWL FIT

OWL FITは横浜市にあるパーソナルジムで、白と青の配色でクールなデザインが特徴です。

ファーストビューで「通い放題」というキャッチコピーを掲載し、訪問者に対してジムが定額制であることを一目で伝えています。

パーソナルジムのホームページを成功させるためのポイント

パーソナルジムのホームページを成功させるためのポイント

最後に、パーソナルジムのホームページを成功させるためのポイントを紹介します。

ターゲットを絞る

パーソナルジムのホームページを成功させるには、明確なターゲットを設定することが重要です。

まず、ジムのコンセプトや提供サービス内容から、主な顧客層を絞り込みましょう。

例えば、女性のダイエット目的なら20-40代の女性、高齢者の健康維持なら60代以上の男女、といった具合です。

次に、そのターゲット属性に合わせて、紹介するプログラムや掲載する画像を設定します。

ターゲットが関心を持ちそうなトピックを中心にコンテンツを用意することが大切です。

さらに、ターゲットの関心事や疑問点を想定し、それに沿った内容をQ&A形式で用意するのも効果的でしょう。

年代や性別に合わせ、問題意識の高い項目を丁寧に解説することで訴求力が高まります。

最後に、SNSやリスティング広告などを活用して、設定したターゲット層に効果的にリーチすることを検討しましょう。

ターゲットを明確に定めた上で、その属性に適したコンテンツ設計とプロモーションを行うことが、成功するホームページのポイントです。

パーソナルジムに通うメリットを強調する

パーソナルジムのホームページを成功させるためには、自社ジムを利用するメリットを強調することが重要です。

まず、競合他社と比べた自社の強みは何かを明確にしましょう。

充実した設備」「豊富なプログラム」「資格を持つインストラクター」など、他ジムと差別化できるポイントをまとめます。

次に、その強みが利用者にどのようなメリットをもたらすのかを明示します。

例えば「豊富なマシン群で効率的なトレーニングが可能」「オリジナルプログラムで確実な結果を実感」などです。

さらに、利用者が得られるメリットを数字やデータ、利用者の声を引用することで裏付けます。

具体的な成果を示すことで、メリットがイメージしやすくなるでしょう。

自社ジムの強みを利用者視点で整理し、そのメリットを具体的かつ分かりやすく訴求することが、集客力の高いホームページ作成に欠かせません。

デザインよりも集客にこだわる

パーソナルジムのホームページを成功させるには、デザインよりも集客効果を重視した構成が重要です。

まず大切なのは、ホームページの目的を集客に限定することです。

訪問者が興味を持ち、行動に移すことを促進する流れを意識した構成が必要になるでしょう。

具体的には、各ページのコンテンツを「知ってもらう→興味を持ってもらう→行動してもらう」の順に配置します。

例えば「ジムの概要→特徴やメリットの説明→無料体験予約フォーム」といった具合です。

見出しや文言も集客を意識し、訪問者の行動を積極的に促すようにします。

まとめ

パーソナルジムのホームページでは、体験予約などにつなげるための「コールトゥアクション(CTA)」や「ビフォーアフターの写真」などのコンテンツが必要です。

また、訪問者がホームページを一目見ただけで「パーソナルジムに通うメリット」をわかるような訴求も必要です。

おしゃれなデザインも重要ですが、あくまで一番の目的である「集客しやすいホームページ」を目指すことが重要となります。

弊社では、ホームページ作成の相談に乗っていますので、お気軽に相談ください。

アドトラへの無料相談はこちら!

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。

TOPへ戻る