不動産のホームページデザイン35選【一覧で見れるギャラリサイトも紹介】

  • 更新日:2024/2/9
不動産のホームページデザイン35選【一覧で見れるギャラリサイトも紹介】

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。
「新規でホームページの作成またはリニューアルを考えている」
「ホームページ経由で問い合わせが増えているサイトの実例を知りたい」
「サイトデザインには自信があったが、集客に繋がっていないのが悩み」

不動産業を営んでいる会社で、上記のような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

日々の生活で多くの時間を過ごすことになる住宅ですし、おしゃれな雰囲気の良いイメージを持ってもらうためにサイトデザインはとても重要です。

しかし、デザインが良ければ問い合わせが増えるわけではありません。

とは言っても、デザイン以外でどのような点に注力するべきかわからず、手が止まってしまっている方もいらっしゃるはず。

今回の記事では、不動産業の会社が参考にするべきホームページを持っている「35サイト」を厳選して紹介します。

不動産の見やすいホームページデザイン15選

不動産の見やすいホームページデザイン15選

この章では、不動産情報が見やすいデザインになっているホームページを15サイト紹介します。

SUUMO

SUUMO

出典元:SUUMO

SUUMOは、日本最大級の不動産情報サイトです。

全国47都道府県、どこでも物件を探すことができるのが最大の特徴でしょう。

キャラクターである「スーモ」に合わせて緑を基調としたサイトカラーになっており、楽しそうな雰囲気のあるサイトデザインになっています。

株式会社R65

株式会社R65

出典元:株式会社R65

株式会社R65は、部屋探しをしている65歳以上の方をターゲットにしたホームページ運営をしています。

65歳以上の方が訪問することを想定しているので、文字サイズを全体的に大きめに設定しているのがわかります。

また、白を基調とした落ち着いた色使いにすることで、高齢の方でもわかりやすい作りになっています。

訪問者がなるべく操作する手間が省けるように、ホームページ内に掲載する項目を必要最低限に絞っているのも特徴といえるでしょう。

センチュリー21住まい館

センチュリー21住まい館

出典元:センチュリー21住まい館

このホームページは、兵庫県三田市にある株式会社住まい館が運営しています。

訪問者が見やすいように、文字は太めのゴシック体を使用しています。

また、メイン画像のすぐ上に設置されているグローバルメニューなど、文字サイズが全体的に大きめなので読みやすく構成されているのがわかります。

賃貸物件の検索が「市区」「町名・丁目」「校区」「地図」など、色々な観点から行うことが可能です。

また、「駅徒歩5分以内」「敷金・礼金0円」「ペット可能」など、こだわりのある物件をワンクリックで検索できます。

スタンダード不動産

スタンダード不動産

出典元:スタンダード不動産

大阪市にあるスタンダード不動産が運営しているホームページです。

サイト全体に背景画像を設置し、コンテンツと完全に分離させています。

スタイリッシュなイメージを出しつつも、中心に置かれたコンテンツに視線を集めることが可能です。

また、コンテンツの配色は、背景画像に合った同系色を使用することで統一感を演出しています。

LIVIO

LIVIO

出典元:LIVIO

LIVIOは、首都圏をはじめとして「北海道・東北」「関西」「九州」のマンション物件を取り扱っています。

検索項目が、下記のように別れて設置されています。

  • シングル向け、実物内覧可能などの「特徴」
  • LIVIOが提供している「マンションシリーズ別」
  • 地図上で細かく細分化されている「エリア」

このように分けることで、サイト訪問者が情報を探しやすくなるでしょう。

また、白を基調とした背景に、余計な装飾などが全く使われていないので、シンプルでありながらとても見やすいデザインになっています。

きりんの戸建売買

きりんの戸建売買

出典元:きりんの戸建売買

福岡市にオフィスを構えている、きりん不動産が運営しているホームページです。

白とベージュを基調とした柔らかい雰囲気、トップ画面に出てくるイラストがとても印象的なデザインです。

イラスト内容について、きりんが説明してくれている演出は他にはない特徴でしょう。

サイトカラーが統一されていて、かつカラー数も絞ってあるので、とても見やすくなっています。

ARESレジデンシャル株式会社

ARESレジデンシャル株式会社

出典元:ARESレジデンシャル株式会社

千葉市に拠点を構える、ARESレジデンシャル株式会社のホームページです。

白一色の背景は、サイト訪問者に爽やかなスッキリした印象を与えるのではないでしょうか。

物件情報も周りが白色なのでクッキリ目立ち、ついクリックしてみたくなります。

株式会社モンステラ Gratia

株式会社モンステラ Gratia

出典元:株式会社モンステラ Gratia

東京都港区にある、株式会社モンステラのホームページです。

ホームページ内で使用しているグリーンとオレンジのカラーは「サービスロゴ」と統一しています。

カラーを統一することで、ホームページ全体がまとまっている印象を与えます。

株式会社RENOLAZE

株式会社RENOLAZE

出典元:株式会社RENOLAZE

東京都新宿区にある、株式会社RENOLAZEのホームページです。

白一色の背景にカラフルな色を組み合わせて作られていて、シンプルですが明るい印象のデザインになっています。

トップ画面から少し下にスクロールすると、TwitterとInstagramの様々な画像が埋め込まれているのが特徴です。

株式会社仲和サービス

株式会社仲和サービス

出典元:株式会社仲和サービス

東京都中央区にある、株式会社仲和サービスのホームページです。

トップ画像が自動で切り替わりますが、どの画像にも「不動産投資」の文字が入っており、何を行っている会社かわかりやすくなっています。

サイト構成はとてもシンプルで、「東京都心」「高級住宅」を主に取り扱っていることが理解しやすいデザインです。

有限会社リアルプランナー

有限会社リアルプランナー

出典元:有限会社リアルプランナー

愛知県小牧市にある、有限会社リアルプランナーのホームページです。

サイドバーのないワンカラムを選択しており、とてもシンプルなデザイン構成になっています。

上から順番に出てくるコンテンツに印象が残りますし、青を基調としたサイトカラーから「安心感」や「誠実さ」を感じることができます。

プラウデストグループ

プラウデストグループ

出典元:プラウデストグループ

大阪市のプラウデストグループが運営しているホームページです。

白・黒・グレーでカラーが統一されており、シンプルではありますが、洗練された印象を訪問者に与えています。

かとう不動産

かとう不動産

出典元:かとう不動産

岐阜県各務原市の株式会社かとう不動産が運営しているホームページです。

白とグレーを基調とした背景に、鮮やかなブルー&ピンクで「売買」「賃貸」を表現しています。

特徴的なのは検索方法で、まるでスマートフォンのアプリのようなアイコンが20種類並んでいます。

ちょうどいいマンション

ちょうどいいマンション

出典元:ちょうどいいマンション

大分市の株式会社ジェイ・スペースが運営しているホームページです。

「ちょうどいいマンション」というコンセプトのもと、「家族暮らし」「2人暮らし」「単身住まい」をターゲットにしていることがわかります。

背景は白、文字は黒に統一されており、大きめの画像がとても見やすいデザインになっているのが特徴です。

東亜不動産

東亜不動産

出典元:東亜不動産

株式会社東亜不動産は、熊本市中央区に拠点を構えている会社です。

「買いたい」「売りたい」「貸したい」「借りたい」という訪問者の目的をホームページの左側に固定表示し、訪問直後に目が行くようにしています。

また、緑を基調とした配色を心がけており、シンプルな線画にマッチしつつ、親しみやすさを演出しているのも特徴です。

不動産のおしゃれなホームページデザイン10選

不動産のおしゃれなホームページデザイン10選

この章では、おしゃれなデザインが特徴であるホームページを10選を紹介します。

佐久間徹設計事務所

佐久間徹設計事務所

出典元:佐久間徹設計事務所

東京都武蔵野市に拠点を構えている、佐久間徹設計事務所株式会社のホームページです。

トップ画面は白一色の背景に「佐久間徹設計事務所」と書かれており、一目で設計事務所のサイトであることを認識できるでしょう。

携わってきた物件の画像も綺麗に配置しており、まるでギャラリーのようなサイトになっています。

また、テキストは全て縦書きで統一されているのも珍しいのではないでしょうか。

GRC Corporation

GRC Corporation

出典元:GRC Corporation

ジーアールシー株式会社は、大分市に本社と本店を構えている会社です。

ファーストビューを少し見切れるように設置することで、下にスクロールしてもらうように誘導しています。

スタイリッシュではあるが、コンテンツごとの区切りがわかりやすいので、雑踏感はなく全体的に見やすいホームページになっているでしょう。

あえてサイトトップに余白を多く持たせることで、グローバルメニューを見やすくさせていることも特徴です。

Lit.Link

Lit.Link

出典元:Lit.Link

Lit.Linkは、東京都渋谷区にある神宮前不動産株式会社が運営しているホームページです。

背景は画像ではなく、写真をモチーフにしたイラストを採用しています。

ホームページには物件情報が全く掲載されておらず「来店する」「オンライン来店」「LINE」「電話」などのアクションを促す導線になっています。

エイブル女子部

エイブル女子部

出典元:エイブル女子部

エイブル女子部は、不動産業界大手の株式会社エイブルが作った、女性向けに特化した賃貸ホームページです。

手書き風の文字やイラストが使用されています。

まるで雑誌を読んでいるかのようなデザインで、ピンク系の可愛らしい雰囲気の配色になっていることからも、女性向けに作られていることがわかります。

株式会社アウルホールディングス

株式会社アウルホールディングス

出典元:株式会社アウルホールディングス

東京都港区にある株式会社アウルホールディングスが運営しているホームページです。

黒を基調とした背景の中、動きのあるデザインでとても重厚感があります。

また、サイドバーが存在せず、コンテンツも一つひとつが大きく別れているので、シンプルかつ見やすい作りになっています。

株式会社 東京不動産

株式会社 東京不動産

出典元:株式会社 東京不動産

東京都中央区にある株式会社東京不動産が運営しているホームページです。

サイトを開くと東京都内の名所が次々と出てくる映像が始まり、とても印象的です。

TOPページのコンテンツ量は絞っていますが、個別のページに飛ぶと十分な情報量を提供しています。

株式会社まごころ住宅

株式会社まごころ住宅

出典元:株式会社まごころ住宅

岐阜県に本社を構え、滋賀県と三重県にも支社がある株式会社まごころ住宅のホームページです。

パステルカラーを多く使っていますが、濃淡をうまく使い分けてスッキリした印象になっています。

また、丸みを帯びた文字を活用しており、親しみやすさを感じることもできます。

コンテンツも絞り、シンプルでとても見やすいページになっています。

株式会社ブルースタジオ

株式会社ブルースタジオ

出典元:株式会社ブルースタジオ

株式会社ブルースタジオは東京と福岡にオフィスを構えており、賃貸だけではなく不動産のリノベーションなどの幅広い事業を展開している会社です。

人々の生活が垣間見え、不動産の魅力が伝わってくるような画像を多く掲載しているのが特徴です。

また、Portfolioというページをサイト内に設置し、数多くの写真を掲載した事例紹介を行っています。

「写真で不動産情報を伝える」コンテンツになっているといえるでしょう。

株式会社リビタ

株式会社リビタ

出典元:株式会社リビタ

東京都目黒区にある株式会社リビタの運営しているサイトです。

サイトを開くと「次の不動産の常識を作り続ける」というメッセージとともに、動画が流れ始めるのが印象的です。

下にスクロールすると、白一色を背景とした画面にシンプルかつコンパクトにコンテンツが配置されています。

eugue

eugue

出典元:eugue

福井市にある山﨑建設株式会社が運営しているサイトです。

トップ画像がおしゃれな木造建築の一部と澄んだ青空で、サイトを開いた瞬間に爽やかな気持ちになるのではないでしょうか。

各所に配置されているおしゃれな画像は「木」「青空」「緑」のいずれかが必ず入っており、会社のコンセプトを感じられる作りになっています。

不動産のホームページが一覧で見れるギャラリーサイト10選

不動産のホームページが一覧で見れるギャラリーサイト10選

この章では、各種様々なホームページを掲載しているギャラリーサイトを10個紹介します。

これからホームページ作成やリニューアルを考えている場合は、「このようなサイトにしたい」とイメージしているデザインを探すのに役立つでしょう。

不動産DESIGNGALLERY

不動産DESIGNGALLERY

出典元:不動産DESIGNGALLERY

不動産DESIGNGALLERYは、国内の不動産業界に特化したサイトデザインを掲載しているギャラリーサイトです。

「テイスト」「カラー」「技術」「コンテンツ」という4つのカテゴリーから、細かくソートをかけることができます。

MUUUUU.ORG

MUUUUU.ORG

出典元:MUUUUU.ORG

MUUUUU.ORGは、全部で4,573サイト、不動産関連は242サイト(2022年9月16日時点)を掲載しています。

国内だけでなく、全世界のサイトが集まっているのが特徴です。

カテゴリーは業種、デザイン、カラーなどで分けられているので探しやすいでしょう。

81-web.com

81-web.com

出典元:81-web.com

81-web.comは、日本国内のWebサイトを集めたギャラリーサイトです。

気になったサイトにカーソルを合わせると、「カテゴリー」「カラー」「フォント」などが出てくるので、気になった項目をクリックすることで該当するサイトを一気に確認できます。

自分のイメージに近いサイトを探したい時に、便利です。

不動産関連は、260サイト(2022年9月16日時点)掲載されています。

Web Design Clip

Web Design Clip

出典元:Web Design Clip

Web Design Clipは、4,094サイト(2022年9月16日時点・日本サイトの数)を掲載しているサイトです。

「日本」「世界」「ランディングページ」「スマホサイト」の4つにメニュー分けされています。

独特なのは検索メニューで、「メインカラー」「サブカラー」「レイアウト」などで行うことが可能です。

なお、不動産の日本サイトは67個(2022年9月16日時点)掲載されています。

Stock

Stock

出典元:Stock

Stockは、日本国内の優れたデザイン性を持つサイトを集めたギャラリーサイトです。

不動産は34サイト(2022年9月16日時点)掲載されています。

サイトタイプや業種、カラーなどで検索をかけることができます。

お気に入り登録も可能なので、気になったサイトを後で比較しながらチェックすることもできるので便利です。

SANKOU!

SANKOU!

出典元:SANKOU!

SANKOU!は、2,934種類(2022年9月16日時点)のデザイン例を掲載しているサイトです。

「Webサイト」「ECサイト」「採用ページ」などの目的だけではなく、業種やデザイン、カラーなどからもデザインを検索することができます。

気になったデザインを登録することが可能なので、後で気になったデザイン同士を比較することもできて便利です。

ikesai

ikesai

出典元:ikesai

ikesai.comは、「いけてるサイト」「おしゃれなサイト」などを掲載しているサイトです。

ほぼ毎日、2〜4サイト追加されています。

1guu

1guu

出典元:1guu

1guuは、他のギャラリーサイトでは掲載されていないサイトも載っています。

「国別でソートをかけることができること」「実際にサイトに飛ばなくてもアニメーションをが確認できること」が大きな特徴です。

1日に2〜3サイト追加されています。

URAGAWA

URAGAWA

出典元:URAGAWA

URAGAWAは、国内サイトを集めているギャラリーサイトです。

不動産業界は、95サイト(2022年9月16日時点)掲載されています。

業界やカラーで検索できるのはもちろんですが、人気のあったサイトを「週間」「月間」でランキング形式にしているのは珍しいのではないでしょうか。

S5-Style

S5-Style

出典元:S5-Style

S5-Styleは、「とにかくおしゃれなサイトを探したい」時に活用できるサイトです。

動きが多かったり、おしゃれなサイトが充実しています。

全部で8,483サイト、その内不動産関連は287サイト(2022年9月16日時点)が掲載されており、お気に入り登録もできるので、後でまとめて見返すことも可能です。

不動産会社の集客につながるホームページデザインの選定方法

不動産会社の集客につながるホームページデザインの選定方法

ホームページを持つのであれば、やはり集客に繋げていきたいのではないでしょうか。

最後の章では、集客に繋がるデザインの選定方法について3つ紹介します。

ターゲットにあったホームページデザインを選ぶ

自社がターゲットとしている層に合うデザインを選ぶことが何より重要です。

なぜなら、ターゲットが異なれば訴求ポイントも変わってくるからです。

例えば、「マイホームを検討している若い夫婦」と「定年後の住宅リフォームを検討中の夫婦」では、好みのデザインが異なるでしょう。

ターゲット層に興味を持ってもらえるような画像選定、イメージカラーやトーン、好まれるフォントの選定など、あらゆる項目においてターゲットが好むデザインを考えていく必要があります。

例を挙げると、「独り住まいの物件を多く扱っているのであれば、若年層に好印象を持ってもらえるようにポップなデザイン」または「ファミリー向けの物件を取り揃えているのであれば、アットホームなデザイン」などにしてみることです。

自社の特徴が伝わりやすいファーストビューを採用

先ほどのターゲットに合ったデザインにすることにもつながりますが、自社の特徴が一目で伝わるようなファーストビューを採用することも忘れてはいけません。

ファーストビューで「どのような物件を取り扱っているのか」や「どの年代や目的の方向けのサービス提供をしているのか」がわかるようにしましょう。

見やすくて使いやすいデザインを採用する

ホームページに訪問してくれた方々は、物件情報を求めているはずです。

わかりずらくてすぐにページを離脱することがないように、下記項目は守られているか確認しましょう。

  • 物件情報が探しやすいデザインになっているか
  • 内覧予約をするまでの導線はわかりやすいか
  • 問い合わせフォームは見つけやすい場所に設置してあるか
  • 電話番号はすぐに確認できる位置にあるか

まとめ

今回の記事では、不動産業のホームページデザインの参考になる35サイトの紹介を中心にお伝えしてきました。

紹介したホームページをチェックすれば、自社で描いているイメージに近いデザインがきっと見つかるでしょう。

自社に合ったデザインにするためにも「自社の強みは何なのか」「自社のターゲット層は誰なのか」について、あらためて考えてみることが重要です。

弊社では、ホームページ作成の相談に乗っていますので、お気軽に相談ください。

アドトラへの無料相談はこちら!

監修者プロフィール

児島 和樹

児島 和樹

経歴
個人ではホームページ制作、SEO対策、広告運用という3つに対応できるスキルを持ち、Web集客に悩む方に対して包括的になコンサルティングを行う。

TOPへ戻る